こどもじかん 2014夏 冊子 ご紹介

2014年夏、森のようちえん「こどもじかん」を運営するNPO法人i-netでは、子どものあそびについて考える冊子『こどもじかん』を作成、発刊しました。

冊子では、乳幼児を子育て中のみなさんに、子どもの育ちに自然との触れあいや、外あそびが大切であることを伝えたいと考え、当団体で取り組んでいる野外保育(森のようちえん)の活動事例や、身近な公園をいままでと違った視点で見た公園紹介などを掲載しています。

本冊子はすでに全数配布し在庫はありませんが、一部WEBにて閲覧いただけるようになりました。

多くの子育て中の方々のお手元に届き、みなさんに子どものあそびについて改めて考える時間を持っていただければ幸いです。


浦安ではじめる『森のようちえん』



森のようちえんって?

日本で最初の「森のようちえん」が始まったのは今から30年ほど前。さらに日本全体で広がりを見せたのはここ5年くらいのことでしょうか。

いま、なぜ日本中で「森のようちえん」と呼ばれる活動がひろがっているのでしょう?

日本が高度成長を経て、日本の各所で都市化が進み、こどもが触れあえる自然は街から少しづつ減っていきました。また、少子化・核家族化が進む中で、現代のこどもは、ほとんどの時間を大人の過度な保護の中で過ごしています。

こうした中で、こどもの育ちに関わる、保育者、教育者、支援者の中から、幼少期から、こどもたちが自然と触れ合い、感じ、こども自身の五感・生活力を育む機会を大切にしたいという動きが生まれ、いま、日本のあちらこちらで広がっているのだと思います。

現在の日本では、「森のようちえん」という活動は、1つの形をとっているのではなく、多様な展開がされています。

いわゆる自主保育として週5日、園舎を持たずに野外保育をしているものもあれば、幼稚園や保育園の園外活動として不定期に実施しているもの、週数回、もしくは年数回などのイベント的に行っているものなど多種多様な形態があります。実施している場所も、森もあれば、山や川、海、街区公園など様々です。

一見すると、なにを「森のようちえん」っていうのだろう?と思う方もいるかもしれませんが、「森のようちえん」と呼ばれる活動には共通点があります。

それは、こどもにかかわる大人の「こどもの感性や感覚を大切にし、こどもの持つ力を信じて、見守り、待ち、受け入れる」という姿勢であったり、
「いっぱい遊ぶ」「自然を感じる」「自分で考える」ことのできる環境(時間・場所・保育者)を用意するという体制であったりします。

浦安で始める

私たちNPO法人i-netでは、保護者の皆さんとお話をする中で、こんな声をきくことがありました。

「こどもにはゆったりした時間が大切だとは思うのだけれど、なかなか状況が許さなくて…(核家族で保護者に余裕がない、兄弟行事なども忙しい)」

「外遊びや自然体験もいいと思うけれど、私(母親)もあそび方を知らないし、汚れるのも抵抗があるし…」

また、保育室などでこどもと過ごしている中で、大人があそびを提供しないと自分から遊びだせないこどもと出会うことも増えてきているように感じていました。

そんな中、浦安の子育て環境の中で、1つの選択肢として、「こどもがゆったりした時間の流れの中で、思いきり遊び、自然と触れ合える機会」を提供できたらいいなと具体的に考えるようになりました。

改めて、自然体験活動の場として浦安というまちを見ると、確かに、大きな森や林はないかもしれません。しかし、市内には多くの公園があり、その中には特徴や魅力ある公園がいくつもあります。そして公園の中には、幼いこどもたちから見ると、森のように感じる茂みや、実のなる樹木、自然と触れ合える環境もありました。

また、こどもの育つ環境は、単に場所だけを指すのではありません。保育者やプログラムのとらえ方というものも大きな環境になります。

私たちは、こどもが安心して自分の気持ちをあらわせるよう、こどもを信じて見守れる保育者と共に、自然の中でこども主体のゆったりとした時間を大切にし、公園という屋外で過ごす「森のようちえん」を2013年6月に浦安ではじめることになりました。

大切にしたいこと

  • いっぱい遊ぶ
    自然の中で友だちと遊び、心と体のバランスの取れた発達を促す。
    おおらかな気持ちで
  • 自然を感じる
    自然の中でたくさんの不思議と出会い、豊かな感性を育む。
    自然のもつ力を信じる
  • 自分で考える
    大人の考えを強要せず、こどもの力を信じ、こども自身で考え行動できる雰囲気をつくる。
    こどもの力を信じて待つ、見守る、受け入れる


自然の中で



生き物


探検


土・水・泥






危険をまなぶ

 

1

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

Link

BOOK

search this site.

others

MOBILE

qrcode