浦安ではじめる森のようちえん 

私たちは、この浦安でも子どもの持っている可能性や感性を信じて、
自然の中で、子どもの可能性を引き出す, そんな時間と場を持ちたいと考えました。

市域の4分の3が埋立地というこの浦安で、自然環境といっても限りがあるのは確かです。
そんな中でも、そんな環境だからこそ、改めて小さなころから
身近な自然と触れ合うことが大切だと感じています。
そして、浦安にも子どもにとっての森や自然はたくさんあります。


今回はじめる「森のようちえん こどものじかん」は、
身近な公園を活動の場とし、浦安にある環境の中で
様々な自然とふれあい、のびのびと遊び、子どもの好奇心や自尊心を大切にし
子どもの自主性や社会性といった生きる力を培う通年で参加する野外保育です。


わたしたちが大切にしたいこと

子どもたちが、五感をいっぱいに使い、自然の中で刺激を受けながら
「じぶんでやりたい!」という意欲や「できた!」の喜びを応援します。
また、お友達との交流を通じて
お互いを尊重すること、じぶんを大切にすることも感じられるよう
保育者が見守り、手助けをします。

・いっぱい遊ぶ(おおらかな気持ちで)
・自然を感じる(自然の持つ力を信じる)
・自ら考える(子どもの持つ力を信じて待つ、見守る、受入れる)

実施概要 

■ 対象年齢     概ね3才(満2才6カ月以上)~未就学児
■ 活動日時     毎週火曜・金曜の9時半〜13時30分 
  ※祝日・毎月最終回、夏・冬休み除く
■ 活動場所     市内の公園
  ※主に弁天ふれあいの森公園、若潮公園、中央公園、総合公園など
■ 年間登録料   5,000円/年度(税別・保険代含む) + 帽子代実費(2570円) 
■ 保育料     17,000円/月(税別) 
■ 体験保育  2,000円/回(税別)


1日の流れ

9:20 お子さんの受入れ
9:30 朝の会(自由あそび)
11:30 お弁当(自由あそび)
12:00 お片付
13:00 帰りの会
13:30 お引渡し

持ち物

1年を通じて長袖・長ズボン、帽子、履きなれた運動靴(雨天時は長靴)を着用してください。(虫よけ・日よけのため)
・お弁当 ・水筒(夏場は多めに)・手拭き ・ハンドタオル
・着替えと替え靴 ・雨合羽(上下セパレートのもの) 
・ナイロン袋(汚れもの入れ・宝物入れ)


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

Link

BOOK

search this site.

others

MOBILE

qrcode