森のようちえんとは

1950年代中ごろ、デンマークのひとりの母親が「子供たちに幼い頃から自然と触れ合う機会を与え、自然の中でのびのびと遊ばせたい」と願い、毎日子供をつれて森に出かけたのがきっかけではじまった森のようちえん。
ドイツでは1990年代になって急速に増え、現在では幼稚園として認可され、現在、ドイツ国内には150以上の森の幼稚園があると言われています。

日本では、自然環境の中での幼児教育や保育を総称して「森のようちえん」の名称を使っています。
運営スタイルは様々で、園舎を持つようちえんも持たないようちえんもあります。
共通しているのは自然環境の中での幼児教育と保育です。

そして多くの森のようちえんは、意図的に大人の考えを強要せず、子どもが持っている感覚や感性を信じそれを引き出すようなかかわり方をしています。

2005年より全国交流フォーラムも開かれるようになり、
森のようちえんを実践している人々の間で、情報交換や交流が始まっています。
 

森のようちえんHP 
http://www.morinoyouchien.org/
 


関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

Link

BOOK

search this site.

others

MOBILE

qrcode