2月17日(金)弁天ふれあいの森公園 晴れ

ぽかぽかと暖かな日差しの日でしたが、春一番でしょうか?みるみる風が強くなり、集合場所の荷物が吹き飛びそうでした。公園ボランティアの方が心配して駆けつけてくれ、集合場所として田んぼ側の軒先を使いませんか、と声をかけてくださいました。

 

ビオトープのある弁天ふれあいの森公園では、この時期にカエルが卵を産むだろうと予測してこの時期の活動場所としていましたが、実際にヒキガエルとニホンアカガエルが卵を産んでいました。


登園した子どもたちも2年目のYなどは一目散にまずカエルの卵を探しに行き、自ら見つける姿が見られました。
保育者も子どもたちの中にもカエル時計のようなものが育まれていることを微笑ましく思いました。

 

12:00お弁当
午後はザリガニ釣り。
まだ冬眠中で釣れなかったが久しぶりに竿を垂らして、みんなで団子のように桟橋に寝転び
ワイワイきゃっきゃっと仲良く楽しそうなひとときでした。
 

次回は 2月21日(火)、弁天ふれあいの森公園です。  個人面談を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 


2月14日(火) こどもの広場

今日はたくさんの子が家から絵本を持ってきて、読むのを楽しみにしてくれていました。

朝の会ではそのうちの1冊を読み、その後基地の近くに布シートを敷いてそこを絵本コーナーにすると、朝の会終了後も半数以上の子がシートの上でスタッフが絵本を読むのに聞き入っていました。

ポカポカと暖かい陽気の中、ゆったり落ち着いて絵本を楽しんでいる様子が伺えました。

最後まで絵本に聞き入っていたTくんは、そのあと四葉のクローバー探しに。

 

見つけたクローバーをうれしそうに保育者に見せに来てくれました。

Sちゃん・Nちゃん・Mちゃん・Tくん・Gくんは新しく出来ていたハンモックに順番に乗っかってユラユラ〜。

気持ち良くて何度も繰り返し楽しみました。ポカポカ陽気の中、「眠たくなってきた〜」という子も。


Kちゃん・Nちゃんは三輪車に乗りながらお家ごっこ。
Yくんがじゃぶじゃぶ池で遊び始めると、Gくん・Yくん・Rくんたちも集まってきました。

トタンを繋げて水路を作りました。
Tくんは泥あそびを始め、泥で上手に小さい赤ちゃんを作っていましたよ。

それを見ていたSくんも真似て作りました。
木工コーナーで黙々と制作に取り組んでいるこも何人かいました。


皆それぞれ好きな遊びを見つけて、お友達と関わり合いながら遊んでいました。
11:45〜片づけ・手洗い・着替え
12:10〜お弁当
風も穏やかで、火を起こしてもらいマシュマロを焼いて食べました。

 

 


2月10日(金) 中央公園

朝の会では前回お休みしていたスタッフに、節分の鬼のことや今日鬼がもし出てきたらどうするかなど、子どもたちが代わる代わる教えてくれたり、発表したりしてくれました。

 

Tくん「今日鬼が来たら忍者から手裏剣もらってシュシュシュッとやっつける!」

Mちゃん「ライオンになってガオーってやっつける!」

勇ましく発表してくれた子どもたちですが・・・。
朝の会が終わり、「じゃあ、裏の森に鬼まだいるか探しに行ってみよう!」「鬼がいたら手裏剣でやっつけよう!」

「え〜怖いからいや!」「行かない!行かない!」

やっぱりいざ思い出すと怖くなってしまうよう。

でもどの子も興奮した様子で鬼のことを教えてくれて、ドキドキや興奮が伝わり、

子どもたちの中で良い経験になっているな〜と感じました。

 

午後、Sちゃんのお誕生会をしました。

 

いつものようにみんなでアーチを作りお祝いします。

輪になって座って写真を見せてもらうのも、アーチを作って歌を歌うのも、とっても上手に出来ました。

Sちゃんがゆったりケーキカットしている間もじっと見守って、

切り終えたらみんなで泥のケーキをあっという間に平らげてしまいました。

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

categories

archives

Link

BOOK

search this site.

others

MOBILE

qrcode